本物に触れた「赤間硯を使った習字教室」

本物に触れた「赤間硯を使った習字教室」

本日(1月21日)、古城文江先生を講師としてお招きし、4年生を対象に「赤間硯を使った習字教室」を実施しました。

初めに、子どもたちは赤間硯の表面の手触りを確認したり、「海」や「陸」などの部分の名称等を教えていただいたりしました。その後は、墨の持ち方や擦り方を教えていただき、一人ひとりが赤間硯を使って墨を擦り、自分の名前や横線を書いたり、好きな言葉や絵を書いたりしました。

墨をする時に、「あっ、墨の香りがしてきた。」と口にする子どももおり、本物に触れ、体験することの大切さを改めて感じました。ありがとうございました。

22DSCF8590.JPG

33DSCF8576.JPG

44DSCF8578.JPG

55DSCF8572.JPG

66DSCF8580.JPG