自分たちができることについて考えた「ゴミ育」

自分たちができることについて考えた「ゴミ育」

本日、2月4日(金)の3・4校時に、宇部市廃棄物対策課の方に来ていただき、4年生は「ゴミ育」のまとめの学習をしました。本来は、体育館で学年全体でお話を聞き、学習する予定にしていましたが、新型コロナ感染拡大のため1クラスごとに行いました。

初めに、段ボールコンポストの重さを量りました。どのクラスも10kg以上の生ごみが消費されて肥料になっており、子どもたちはびっくりしていました。その結果をもとに、ごみの学習の振り返りを行い、消費された生ごみが焼却処分されれば地球温暖化につながること、それを防ぐために「3R」など、自分たちができることについて考えました。

今回学んだことをこれからの生活に是非役立ててほしいと思います。宇部市廃棄物対策課の皆様、6月から長期間にわたりご指導いただきありがとうございました。

222DSCF8640.JPG

333DSCF8641.JPG

444DSCF8644.JPG

555DSCF8626.JPG

666DSCF8630.JPG