タブレットを活用した授業 ICT活用教育モデル校公開授業研究会 11月25日

本校は、本年度、たくさんのタブレット端末機が配付されました。タブレットのよさは、これまでのパソコンに比べて、いつでもどこでも利用が可能であることです。これまでは、パソコン教室に行かなくては利用できませんでしたが、教室や体育館など、電波が届く範囲であればどこでも利用が可能です。

この日は、本校ICT担当の藤井教諭が、6年生学級で体育の授業を公開しました。軽快に動くタブレットを使って授業の課題を確認したり、きれいな動きを映像で確認したりして、各自の運動に入りました。自分の姿を友達にタブレットで撮影してもらい、即座に動きを確認します。自分の姿を客観的に確認できることは、最新のICT機器ならではの活用です。

研究会ではやまぐち総合教育支援センターの佐伯研究指導主事から、授業における効果的なICT活用について指導をしていただきました。

今後は、各教室で、ICT機器を活用した授業を積極的に取り入れていきたいと思います。

 

IMG_8646.jpgIMG_8638.jpgIMG_8651.jpg