地域との合同防災訓練の協議 9月21日

11月4日(金)に小学校と地域の合同防災訓練を実施します。

その協議会をこの日開催し、地域と学校それぞれの提案について協議を行いました。

参加者は、地域の自主防災組織、学校、宇部市防災危機管理課、地域福祉課、山口大学の皆さんです。

協議の結果、大規模な地震が発生し、避難場所である本校に地域持住民が避難してくることを想定し、地震発生から避難所開設までの初動の動きを訓練することになりました。

大地震が発生したら、児童が運動場に避難した後も、保護者への引き渡しと地域住民の学校への避難とが同時に発生することになります。これまでは、児童が運動場に避難するまでしか行っていません。その後の現実的な対応について、今後、具体的に検討を進めていきます。

この合同訓練を契機として、本校の防災教育の充実を図って参ります。

IMG_9955.jpgIMG_9998.jpgIMG_9999.jpgIMG_0002.jpg