9月15日(十五夜の給食)

今夜は、十五夜、中秋の名月です。月がもっともきれいに見える日と言われています。そこで、今日の給食は、十五夜にちなんだ料理を二品出しました。1つはお月見ゼリー、月にみたてた黄色のゼリーの中に白いウサギを入れてみました。もうひとつは、里芋コロッケ、お月見には「最も美しく見える季節に月を鑑賞する」ということと、「豊穣を神々に感謝する」という意味があります。昔から秋にとれた里芋をお供えし、稲に似た「ススキ」を飾っていたのは、月を豊穣をもたらす「神」の象徴として、祀っていたんですね。

うおそうめん汁、おつきみゼリー、さといもコロッケ、コンニャクのきんぴら、ごはん

9月15日給食.JPG