適塩(減塩)を切り口とした食育推進

適塩(減塩)を切り口とした食育推進

 今年度、上宇部小学校では、「つながる食育推進事業」という文部科学省指定の事業を受け、食育の推進・充実に努めています。内容としては、適塩(減塩)を切り口とした食育推進を行っています。その取組の一環として、9月12日(木)の参観日の懇談会後に、5年生の保護者を対象に山口大学大学院 創成科学研究科 奥田昌之教授と宇部市の栄養士、保健師のお二人が塩分摂取量を測定するための尿検査の説明と参加の呼びかけをされました。お子様の塩分摂取量を知る上でも、また日ごろの食生活を見直す上でも、尿検査の実施に積極的なご理解とご協力をお願いします。

CIMG6704.JPGCIMG6705.JPG