「ドンタ君の税金の話」紙芝居 2月15日

2月の「遊ぼーよ」紙芝居は、子どもたちに税金の意味を分かりやすく説明する内容でした。
長谷川さんが、租税教室で活用するために作られた紙芝居です。熊のドンタ君たちが暮らす森が火事になってしまい、街をつくり直すためにみんなで働いてお金を出し合い、消防車や学校やスクールバスを買うお話です。
最後は、次の紙芝居の予告としてひな飾りを見せてもらい、みんなで記念写真を撮りました。
IMG_3300.jpgIMG_3302.jpgIMG_3304.jpgIMG_3316.jpgIMG_3320.jpg