宇部の祖 福原越後公のお祀り 4月3日

上宇部最大の地域祭りである「福原まつり」が、宇部護国神社で満開の桜の中で行われました。福原まつりは、宇部発展の祖といわれる長州藩永代家老の福原越後公を顕彰する地域祭りとして、14年前に始まりました。第9回までは中村地域の福原史跡公園で開催されていましたが、第10回から越後公を祀っている宇部護国神社で開催されるようになりました。
地域の方によるバザーや演芸大会等もあり、地域の祭りとして多くの参加者があります。久保田市長さんも来られていました。
今年は、上宇部中学校の生徒さんによる越後公の紙芝居も披露されました。
境内にある越後像の台座は、元は本校の二宮尊徳像の台座です。当時の二宮像は現在、校長室に保管されています。
DSC08536.jpgDSC08537.jpgDSC08538.jpgDSC08546.jpg