保・小・地区合同避難訓練

保・小・地区合同避難訓練

11月28日に、保・小・地区合同避難訓練を開始しました。

想定は、震度6強の地震が発生し、その地震により旧小野中学校の東側斜面の土砂崩れが起きたという設定です。

まず緊急地震速報で、子ども達は机の下に隠れました。

P1020314.JPG

その後、運動場に避難し、地元消防団の誘導により、第2避難所のふれあいセンターへ避難しました。

1.jpg

避難所では、自分で受付をする避難所受付訓練もしました。

2.jpg

ふれあいセンターでは、小学生でも避難支援者になれるということで、段ボールの畳引きや間仕切り、段ボールベッドの作成を体験しました。

IMG_9538.JPG IMG_9539.JPG

その後学校に戻り、市の防災課の方から土砂災害の話を受けたり、タブレットを使って、家の周りや通学路の危険箇所を調べたりしました。

IMG_9572.JPG

貴重な体験ができました。