常盤まるごと学びレッジ 進行中!

常盤まるごと学びレッジプロジェクト進行中です。

子どもたちは教科書で長さ100mや1km、高さ、広さ、角度、速さなど様々な数を

勉強します。どうしても教科書やプリントの中にとどまりがちです。

本校では、子どもたちの学びに 「もっと身近感と実感を!」を合言葉に学校周辺を

通学する道などに

「学校から100m」「この坂道角度5度」「ここのタイル全部で1000まい」

「この木の高さ20m」などと、

その場所、場所にタイルで現場表示を始めました。

また、「円形の花壇の直径は?」や「タイルの数をかけ算で言えるかな?」などの

質問タイルもあります。

学校まで100m.JPG

 「常盤小から100mですよ」のタ表示イルです。

角度タイル.JPG 

「この坂道は角度5度です」の表示タイルです。思ったよりも 少なくてみんな予想外だそうです。

 皆で作業中 (1).JPG 

学校、保護者の方、地域の方で貼る作業をしています。

表示タイル.JPG 

いろいろなタイルがあります。ぜひ、探してみてください。

 

運動場には1mごとに色をぬった「3mのぼり棒」「10の補数を示した20段わたり棒」

歩測や速さの学習のための「100mロード」や「30mものさし」などもペイントしました。

DSCN3647.JPG

 

今、常盤まるごと学びレッジは第3弾まで進行中です。

勉強したことを 身近な生活の中に見つけ、小さな心の中に

「なるほど!これが10mか!」とか、「じゃああそこまでは どれくらいなのかな?」とか

「この木の2倍の高さが~くらいかな・・・」などと、感じ、考えてくれたらいいなと思っています。